Sonic Wave
       S30 PRIVATE GARAGE ON THE WEB
   
 
Menu
 ホーム
 ミーティング報告
 LYツインターボ
 FALCON'S S30
 S30秘宝館
 BBS
 LINK
 お問い合わせ

Mailmag



S30に乗る日々の感想を書き綴っています。

詳細はこちら

Menu




SPAMメール防止のため、管理者にメール頂く際はなるべくBBSの「管理者へメール」から送信頂けると有り難いです。尚、多忙のためお返事が出来ないこともあります。予め御了承下さい。

詳細はこちら


Menu



S30型初代フェアレディZのオーナーズクラブです。HPから入会申し込みが出来ます。

 

2008年11月15日(土) 栃木県 宇都宮市 

「Z Car Fiesta 2008」が開催されました。このミーティングは、栃木のZ専門ショップ「アルティメイト」さん、「アルティメイトZカークラブ」さんが主催するもので、2001年から毎年開催されている国内最高のZカーミーティングとして有名なイベントです。毎年、国内各地からZカーオーナーが多数参加される他、海外からも参加者のある素晴らしい2日間です。日産のテストコースを使えるのが今回で最後との事で今年は「Final」の名前が付きました。こんな素晴らしいミーティングが今回で最後というのは本当に残念です。最終回なので万難を排して参加させて頂きました。参加者もシーズンの最後を締めくくるイベントだけに皆さん気合が入っています。

   
初日は宇都宮市みずほの森自然公園でミーティングとカーコンテスト。SRからZ33まで数百台の歴代Zが勢揃いです。受付開始と共に続々とフェアレディZが集まってきます。

  
画像は集まったZの一部です。どこを見てもZ、Z、Z、、数百台のZが揃った眺めは壮観のひとことです。

 
ゲストの挨拶。全米Zカークラブの重鎮「マッド・マイク」ことマイク・テイラー氏。Z乗りならば知らない人は居ないでしょう。「Mr.K」元北米日産社長でZカー産みの親、片山豊さん。御年99歳です。力強い感動的なスピーチを頂きました。私たちがZに乗っていられるのも片山さんのお陰です、有り難うございます。いつまでもお元気でいらして下さい。


幻のLYエンジンを積んだ有名な車両です。大変興味があります。


2日後に発表される新型Z34の開発者やテストドライバーを交えてのトークショウも開催されました。腕組みされているのがスカイライン開発者の渡邉衡三さんです。その渡邉さんの突っ込み、「聞いた話ではシフトダウンの時に勝手に吹かしてくれるとか言うが、まさかそんな馬鹿なものを作る筈は無いよなっ」。開発者の方「、、、、、、」 ところで、渡邉衡三さんはS30オーナーです、当日もご自身のS30で参加されていました。
会場ではカーコンテストなども実施。その後、車両を日産自動車栃木工場に移し、バスで宇都宮駅前のホテルに移動、チェックイン。そして、日産の関係者などの豪華ゲストを交えたパーティーです。


片山さん、マッド・マイク、
そして日産自動車チーフプロダクトスペシャリストの湯川さんのスピーチが続きます。アルティメイトの高賀茂社長とアルティメイトZカークラブの功績を讃える、心のこもったスピーチにウルウルと来てしまいました。


アルコールが入って益々盛り上がって来ました、NISMO飯嶋監督と渡邉さんも盛り上がっていらっしゃいます。普段はとてもお話など出来ない方々と気軽にお話をさせて頂ける全く素晴らしいパーティーです。

その後カーコンテストの表彰があり、FALCON号がトロフィーを頂きました。

DATSUN Class 1st Place
このトロフィー、一昨年はサンダーバード号(有名なシーマライトのZ432)、昨年は会長のZ432Rが受賞していますが、最後のミーティングでこの様な名誉な表彰を頂いて何とも感慨深いものがあります。LYエンジン製作に費やした9年間の出来事が脳裏をよぎります。

さて、舞台はその後居酒屋へとエンドレスで続いて行きました。俺は朝4時起きで来たので、一日がとても長いです。。。居酒屋に来るとホテルの上品なパーティーから一転して、皆さん話に遠慮がなくなって来る。熱いトークが炸裂しながら、私は限界が来ました。どうも中年になると限界が早いです。ホテルに帰って就寝。 zzzzzzzz...........




翌日は無情の雨の中を、バスで日産自動車栃木工場へ。毎年のお約束なのですが、ホテルからのバスに乗り遅れると日産の工場に行けなくなります。何時だったか、寝坊してアルティメイトのスタッフの方に送って貰った人が居ました。ところで、普段は入れない日産自動車栃木工場ですが、今回は特に工場内に翌日発表のZ34がゴロゴロしていると言う事で全面撮影禁止。カメラ、携帯電話は預けて封印です。この様な時期にテストコースを貸して下さった日産自動車には本当に感謝申し上げます。それだけZオーナーを大事にして下さると言う事でしょう。



Zの生産工場で、しかもテストコースやハイスピードジムカーナ走行、市街地用テストコース走行が出来るなどというのは、全く夢の様なミーティングです。この様な素晴らしいミーティングは他にはありません。

こちらはスカイラインの開発主管(開発総責任者)を務められた渡邉衡三さんのS30。ワンオーナーの気品ある佇まいです。色々と見た事の無い試作部品が付いていました。



テストコース走行、ハイスピードジムカーナ走行や市街地用テストコース走行も無事に終了し、車両の展示。自動車雑誌から取材も受けました。


折角の機会なので、2台のLY搭載S30の2ショット写真を撮らせて頂きました。


素晴らしいミーティングに参加させて頂きまして、アルティメイトさん本当にどうも有り難うございました。
非常に楽しい二日間でした。



 
copyright 2007 © www.ssfalcon.com