Sonic Wave
       S30 PRIVATE GARAGE ON THE WEB
   
 
Menu
 ホーム
 ミーティング報告
 LYツインターボ
 FALCON'S S30
 S30秘宝館
 BBS
 LINK
 お問い合わせ


S30に乗る日々の感想を書き綴っています。

詳細はこちら

Menu

SPAMメール防止のため、管理者にメール頂く際はなるべくBBSの「管理者へメール」から送信頂けると有り難いです。尚、多忙のためお返事が出来ないこともあります。予め御了承下さい。

詳細はこちら




Menu



S30型初代フェアレディZのオーナーズクラブです。HPから入会申し込みが出来ます。

 
Mailmag

部品製作1

 まずは欠品部品のうち最も肝心なカムチェーン。取りあえずL型用を合わせてみると、L型に比べてLYのヘッドの高さが低いので当たり前ですが合いません。切って繋ごうと考えましたが、丁度長さが半駒ずれるので繋ぎ駒も使えずカシめて繋ぐ事も出来ません。初手から途方に暮れてしまいました。色々調べると、どうもLYのスプロケとチェーンは専用部品らしいと判明、いきなり躓いてしまいました。八方手を尽くして探すも見つからず、最初から挫折。そうしているうちに、以前L型の部品でお世話になったマジックパフォーマンスの高橋さんに相談したところ、LYに詳しいチューナーの某氏を御紹介頂き、貴重なLY用のスプロケを借り受け寸法を採らせて頂きました。皆様の御協力でお陰様でLYが組めました、どうも有り難うございました。

 LYのスプロケを借りて判ったこと、カムチェーンがメートルピッチ。因みにこの後チェーンメーカーとのやり取りで、L型のカムチェーン(とスプロケット)はインチピッチのBS(英国工業規格)サイズと判りました。日産はオースチンのノックダウンからあまり進歩していなかった様です。LYがメートルピッチということは、設計がプリンス系という事でしょうか。これは私見ですがLYとG型、Z型は設計が似ている様にも思います。兎に角、L型流用が無理ということがはっきりしました。意を決して、ここは正攻法で行こうと考え、図面をひいて(私の勤務先は精密機械加工業)LY専用のカムチェーンと上下スプロケットを製作する事にしました。


 色々と悩んだ末、国産一流メーカーにエンドレスチェーンを製作依頼。更にカムスプロケットとクランクスプロケットはNC旋盤でブランク加工後、ホブ盤で歯切り、高周波焼き入れ焼き戻し施工後内径仕上げ、キー加工はワイヤーカット放電加工、結果としてF1並みの部品が完成しました。ここでようやくクロスフローASSYの可能性が見えてきました。

L型のカムチェーンと比較するとこれだけ長さが違います。上が今回製作したLY用、下がL型用です。
 

仮組時の様子、カムスプロケは内径を追加工して亀有のスライドスプロケを組んでいます。

部品製作2

チェーン製作で目処も立ち、ヘッドを部品単体で見ていくと、様々な問題が見つかりました。

バルブ
LYは純正で中空バルブを採用しています、これは当時としては最先端の技術だったと思いますが、結果としてバルブ頭部変形やコッター部分からの欠損が、LY特有の問題という情報を得ていました。貴重な純正部品ですが、ここは現代の技術でイノベーションという方向で、バルブを製作しました。エキゾースト側はインコネル、インテークは耐熱鋼で製作。

ロッカーシャフト
LYはクロスフローなのでインテーク、エキゾーストそれぞれにロッカーシャフトが有ります。これを安全を見越して、図面をひいた上ドリルロッド材(SKS)で再製作、センタレス研削後、表面処理はリューブライト加工。更にロッカーシャフトに合わせて、ロッカーアームのブッシュを打ち換え、BS系特殊合金でリブッシュの上リーマ仕上げ加工、クリアランスは0.005に仕上げています。

カム
申し上げるまでもありませんが、エンジンの特製はカムシャフトで決まります。このスペシャルカムは作用角76度、バルブリフト14mm、秘密プロフィール(笑)
 


 
copyright 2007 © www.ssfalcon.com